世界の通貨 | ミャンマー

世界の通貨

第13回ミャンマー

ミャンマーの通貨画像

チャット (Kyat.png, 英語表記:Kyat) は、ミャンマー(ビルマ)の通貨単位である。国際通貨コード(ISO 4217)は、MMK。補助通貨単位のピャー(Pya)は、100分の1チャット。しかし、極度のインフレーションのため、ピャーは使われていない。
流通している紙幣の種類は、1、5、10、15、20、35、45、75、50、90、100、200、500、1,000、5,000チャットの13種。各紙幣には発行機関であるミャンマー中央銀行の名と金額が、ビルマ語と英語で表記されている。2004年10月には偽造防止のため、200、500、1,000チャット紙幣がリニューアルされ、大きさも使いやすいように小さくされた。硬貨も存在するが、目にすることは非常に稀である。
ミャンマーでは公定レート、公認市場レート、実勢レートの3種類の為替レートが存在している。
・公定レートはSDRにペッグしている。(1USドル = 5.2チャット、2008年2月末時点)
・輸入関税の算定時には1USドル = 450チャットの公認市場レートが適用される。
・上記以外の日常の経済活動においては実勢レート(1USドル = 1,250チャット、2008年11月末時点)が用いられている。
また、ミャンマーでは外貨管理を目的に兌換チャットという外貨兌換券も発行されている。
2012年4月1日から管理フロート制(管理変動相場制)を導入。

引用「wikipedia」

世界の通貨トップへ戻る

サイトの安全性について

Norton SECURED

エイワではSSL暗号化通信を使用しデータの送受信を行っておりますので、セキュリティについてもご安心いただけます。

ページトップへ