世界の通貨 | イスラエル

世界の通貨

第47回イスラエル

イスラエルの通貨画像

シェケル(shekel、sheqel)は、古代に使われていた通貨と重さの単位の一つ。シェケルが最初に使われ始めたのは、紀元前3000年頃のメソポタミアと知られている。
最初の音節'she'がアッカド語で大麦を示す事から、もともとは特定の量の大麦を指すものであったと考えられている。
最も初期のシェケルは、1シェケルを180グレーン(8.33グラム)とする重さの単位として使われた。 後に発行された硬貨も、硬貨そのものの重さを政府が保証するという紋章付きであった。もともとこの硬貨はアナトリアの商人らの手で開発され、彼らは使用ごとに硬貨の重さを量り直さなくても良いように、各々の紋章を硬貨に記していたが、後にこの行為は、公的権力の占有行為とされた。
硬貨のは複数形で、シェケルス、シェカリムなどと呼ばれる。

引用「wikipedia」

世界の通貨トップへ戻る

サイトの安全性について

Norton SECURED

エイワではSSL暗号化通信を使用しデータの送受信を行っておりますので、セキュリティについてもご安心いただけます。

ページトップへ